2017.11.19 大西一史熊本市長特別講演会

「熊本地震から学ぶ、鎌倉の防災」無事終了!     200名以上の方にご参集いただきました。        ご来場ありがとうございました!

主催:鎌倉ガーディアンズ  協力:熊本市  鎌倉商工会議所

11月19日(日)、晴天のなか大勢の市民の皆様にお集まりいただき、大盛会となった『大西一史熊本市長特別講演会』!200名を超える参加希望の皆様には心より御礼申し上げます。満員のためお入り頂けなかった方には心からお詫び申し上げます。

 

当日はまず、鎌倉ガーディアンズ代表の大津定博がご挨拶のあと、古川達海役員が熊本地震の詳細と鎌倉の防災についての基礎情報をお話しさせていただきました。

そしていよいよ大西一史熊本市長にご登壇いただき、ご自宅での被災体験、すぐに市庁舎に向かったときの大変な苦労、市対策本部での活動、行政と市民一丸となった復興対策、いずれも決して忘れ得ない貴重な体験と、鎌倉を始めとする全国の自治体に向けた実践的な心構えと備えを教えていただきました。本当にありがとうございました!心から御礼申し上げます。

最後に、大西一史熊本市長に対して松尾崇鎌倉市長から御礼があり、両市長はエールの交換をされていました。

 

なお当日は、鎌倉青年会議所や大船まつり実行委員会などから、大西市長に直接、この日までに集まった復興義援金をお手渡しさせていただきました。

さらに会場に設置したくまモンの募金箱には、3時間余りの講演会の間に、

96,519円もの義援金をお寄せいただきました。

この場を借りまして、ご来場の皆様、ご寄付にご協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。頂いた義援金は、後日、必ず熊本市にお届けし、皆様にご報告します。

 

鎌倉ガーディアンズでは、大西一史熊本市長からご教示いただいた全ての教訓をひとつひとつ噛みしめながら、鎌倉の防災のために尽くしていく所存です。

市民の皆様と市の協働のため、これからもさまざまな場を借りて発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

大西一史熊本市長特別講演会、無事終了しました。   大西市長におかれましてはご多忙のなか、鎌倉のために お時間を作ってくださいました。貴重なご教示に心から 感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

日時:11月19日(日) 

    13時開演(12時半開場)

会場:鎌倉商工会議所地下ホール↓地図

    http://www.kamakura-cci.or.jp/about/

 

いつ、どこで起こるかもしれない天災に対し、私達はどのように対策を考えるべきでしょうか。

 

昨年4月に大きな被害に見舞われた熊本地震は、震源地に壊滅的な打撃を与え、熊本城や各所の文化財を大きく損傷しました。
大西一史 熊本市長は、本年を復興元年と位置付け、早くも熊本城修復に着手し震源地の復興を着実に進めていらっしゃいます。

 

私たちの鎌倉と、歴史の都熊本の共通課題は災害に強いまちづくりと、貴重な文化遺産の保全です。                

                  市民と行政、地域が一丸となって備える防災とは?

                   熊本復興の陣頭指揮に立つ大西市長に伺います。

 

  定 員/ 150名 (当日受付先着順) 

  問合せ/ 090-6147-3632(藤井)   080-6809-1545(片瀬)

 

大西一史 熊本市長プロフィール

 

○ 1967年12月9日熊本市生まれ。  
○ 1992年3月 日本大学文理学部心理学科を卒業後、日商岩井メカトロニクス(株)、  内閣官房副長官秘書、熊本県議会議員(5期)などを歴任。
〇 2014年12月熊本市長に就任、現在に至る。  
○ 熊本地震に際しては、市長自らツイッターを駆使し、
  市民への積極的な呼びかけや情報収集を行うなど、陣頭指揮を執られた。
〇 熊本城再建の最高責任者。
☆ 大西熊本市長の関東地方でのご講演はこれまで2回しか開催されていません。
  今回の鎌倉講演は、大変貴重な機会です。

熊本市と鎌倉ガーディアンズの絆

〇 昨年発生した熊本地震直後、ボランティア活動をするために大津代表が現地へ赴いた。
 さらに関東から一刻も早い熊本復興支援を行うために5月に大船まつりで募金活動を実施。
 夏には大船まつりの田子実行委員長とともに、大西熊本市長へ義援金を直接手渡した。

 今年はくまモンを招いて復興支援に努めた。これらの活動は熊本市との太いパイプと

 信頼関係を築いた。

〇 本年2月に熊本防災ツアー実施のため現地へ下見訪問を行う。残念ながら

 7月8日実施予定だった熊本防災ツアーは、九州北部豪雨災害に見舞われ中止したが、

 大西熊本市長のご厚意により、ツアー時に予定していた市長講演を

 この鎌倉で実現できることになった。 
  

follow us in feedly follow RSS